僕と競馬と一口ライフ

キャロットクラブでの一口馬主ライフや競馬ライフを綴っていきます。
TOP ≫ CATEGORY ≫ キャロット全般
CATEGORY ≫ キャロット全般
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

キャロットドラフト2016その4

みなさま、約3週間に渡りましたキャロットクラブドラフト2016、おつかれさまでした。

・・・

・・・と、いうことで2016年のキャロットクラブのドラフトも、本日の1.5次募集をもって終了となりました(*`・ω・*)ゞ

今年のドラフトの結果、獲得できたのは・・・
①来年のバツイチ優先券 1枚
②ジンジャーパンチの15 6口
・・・です(`・ω・´)キリッ

なんと、1.5次募集のジンジャーパンチ上乗せに、予定通り?成功しました。

ご一緒の方は、改めましてよろしくお願い致しますネ(*´•ω•`*)…


(追伸)そうそう、今年はシルクのドラフト(あの馬の大抽選会)参加も決まりました。この結果次第でシルクに入会、もしくはG1に入会が決まります。その時は先輩方、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

キャロットドラフト2016その3

キャロットの1次募集結果が発表になりました(´・ω・`)

ヒルダズパッション15はまさかのバツ2抽選でした。

対してジンジャーパンチ15は予定通り一般で獲得決定です♪

しかし、あと41口しか残っていませんので、1.5次で残りの2口をゲット出来るかは運次第・・・

なんとか欲しいものですね。

もし獲得できないときは・・・キャロット以外で考えます。

ジンジャーパンチご一緒の方、よろしくお願い致しますm(__)m

キャロットドラフト2016その2

キャロットクラブの2016年ドラフトも大詰めですね。私もポチッと終了しました。

中間発表も最終回ですが、いやぁ、なかなか・・・

完全に気配が一枚も二枚も抜けているヒルダズパッションの15はやはりというか、凄い人気ですね。

当初の予定ではヒルダズパッション⑤の抽選に賭けるか、抽選を避けてジンジャーパンチ⑥にいくかの二択で迷ってました・・・が、この中間発表です。

ヒルダズパッションはバツなしでは抽選にすらならなさそうな感じ。

さらに恐らくはヒルダズパッションの落選票が1.5次では色々なところで影響を及ぼしそうです。

かといってバツ同士で牽制しあっているヒルダズパッションをそのまま諦めるのも・・・

と、思っていたらジンジャーの人気が・・・最優先でなくてもイケそうな気配です。

予定を急遽変更し、最優先ヒルダズパッション④、一般ジンジャーパンチ④で申込みました。

両方取れると予算を大幅にオーバーな状況ですが、ほぼ100%の確率でバツイチゲット&ジンジャーパンチの15ゲットです。

仮に奇跡的に抽選通っても再来年のダービー最有力ゲットです(笑)

落選ならば1.5次でジンジャー②へいけばジンジャー⑥だけでなくバツまでゲットですww

ドラフト2016

昔から二兎追うものはナントカと言いますが、コレはこれで・・・

後は結果発表を待つだけですね。

ご一緒できた方はよろしくお願い致しますm(__)m

キャロットドラフト2016その1

皆さまこんにちは。
いよいよ今年もこの季節がやってきました。
今年のカタログをざっと眺めましたが、昨年と違ってレベルが高い(自分の好みに合った馬がたくさんいる)というのが今年の募集馬の印象です。
なかなか検討しがいがありますね(苦笑)

今年はいろいろあって、それなりに資金が用意できそうですので、価格を気にせずまずは選んでいきたいと思います。
こころの中では現在はヒルダズパッションが抜けている感じがしているのですが、あまりにも人気になりそうな雰囲気を持っているので、とりあえずいろいろ検討していきたいと思います。
今後の自分のための忘備録もかねて、勉強していきたいと思います。

【第一次選考(DVD)】
まずは第一次選考ですw
ここでは16頭が残りました。
募集番号順に挙げてみます。
ジンジャーパンチ、エレンウィルモット、マルティンスターク、クルソラ、ヴィートマルシェ、フェルミオン、スプリングシーズンII、ヴィアンローズ、カドリーユ、ヒルダズパッション、アヴェンチュラ、ブルーメンブラッド、シンハリーズ、ヴァイスハイト、ピューリティー、ディミータ
以上、16頭です。
ウルトラブレンドをどうするか悩みましたが、ここで落選させてしまいました。

【第二次選考(母年齢)】
第二次選考では、母年齢です。
機械的に13歳以上はごめんなさいとしました。
残ったのは・・・
ジンジャーパンチ、マルティンスターク、フェルミオン、スプリングシーズンII、カドリーユ、ヒルダズパッション、アヴェンチュラ、ブルーメンブラッド、ヴァイスハイト、ピューリティー、ディミータ
の11頭です。

【第三次選考(牡牝)】
個人的に牡馬に出資したいなぁ・・・と思っているので、牝馬は残念ながらここで退場となります。
ジンジャーパンチ、マルティンスターク、スプリングシーズンII、ヒルダズパッション、ヴァイスハイト、ピューリティー
・・・以上、6頭が残りました。

【第四次選考(測尺)】
個人的には今まで小さな馬で失敗を重ねてきた経験から、ここではそれなりの大きさのある馬、見込める馬に絞り込んでいきます。
ジンジャーパンチ(5/11:441)、マルティンスターク(2/7:459)、スプリングシーズンII(3/10:436)、ヒルダズパッション(3/4:474)、ヴァイスハイト(3/30:423)、ピューリティー(3/9:430)
以上の誕生日と体重から・・・
ジンジャーパンチ、ヒルダズパッション
の2頭になります。かろうじてマルティンスタークをどう見るかですが、次点扱いで補欠候補としておきます。

【決勝(何となく雰囲気で)】
ここまで勝ち抜いた馬たちによる決勝ですが、順位を付けた結果・・・
◎ヒルダズパッション、〇なし、▲ジンジャーパンチ、△マルティンスターク

以上の結果となりました。
優勝はヒルダズパッションの2015に決定です!!

・・・というか、やっぱり人気するんだろうなぁという中で、×持ちでない自分がどこまで参加できるか"(-""-)"

ちなみにジンジャーパンチとマルティンスタークは実は若干マルティンスタークだったのですが、誕生日を考慮してジンジャーを上にしました。
しかし5月生まれのハーツがどこまでやってくれるか・・・心配です。

今の時点ではこんな感じですね。

もう少し検討を続けていきたいと思います。

今年も終わりですね。

さてさて、2015年もあと数十分で終了です。
今年を振り返ってみたいと思います。

今年は、まずフェルミオンの2013ことアップクォークへの正月ポチからスタートでした(笑)
諸事情から12産への出資を見送り、13産へも出資するつもりはなかったのですが、お兄さんのストレンジクォークの衝撃的勝利と募集写真、成長中の写真を見ていて、いてもたってもいられずに、感情が先走り、諸事情は何んとなかるだろ?と自分に言い聞かせてポチに走ってしまいました。
この馬なら2歳重賞を席捲できる、その後も重賞の上位常連組として活躍できるという根拠のない妄想と、進化した自身の相馬への自信から心が動いて、自信をもっての出資となりました。
そんな元日からスタートしたのが2015年です。

愛馬の出走はピエリーナからでした。
昨年末からの引き続きの3連勝(1月は2戦2連勝)で地方からの出戻りの中央復帰が決まりました。

2月には、我が愛馬の中でも現状一番の功労馬であるフェアリーラインのラストランがありました。
結果は14着でしたが、無事引退できました。
本馬は初の新馬勝ちを、また2勝目を挙げた時には我が人生初の口取り式を経験させてくれた思い出の馬です。
おつかれさま。
元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

5月にはピエリーナの中央復帰初戦の500万下(牝馬限定戦)がありましたが、期待以上の走りでいきなり勝利♪
見事中央初勝利を決め、地方出戻りでもやれるぞ!というところをアピールしてもらった気分でした。
その後6月、7月と2戦しましたが連敗し、現在休養中(鍛えなおし中)です。

そして9月にはキャロット14産の募集があり、データの14が愛馬の仲間入りです。
本馬は、私自身初めて本気でクラシック(特にダービーと菊花賞)を意識した馬です。
順調に行けばクラシック上位も夢ではないと信じています。
ぶっちゃけ今でもキャンセル募集があったら追加出資したいと思っているくらいです(笑)
無事順調にいってもらいたいものですね。

11月には化骨が遅れてデビューが遅くなったアップクォークが待望のデビュー戦を迎えました。
行くところ行くところが狭くなり、脚を余した4着(1着はリンクス)でした。
また、12月には勝ちに行った未勝利戦でしたが、出遅れから最後方、最後は上り最速の末脚(中山で大外ぶん回して3F34.0秒)で惜しい2着でした。
鞍上の柴山騎手は、実はデビュー前から今年のキャロットの馬で気になる馬をあえて挙げるなら・・・と言って本馬を挙げていたそうですが、デビュー戦の後も中川氏へ猛アピールをするなど、今後に期待できる素質の片鱗を見せてくれました。
来年は皐月賞に賞金加算が間に合えば、皐月賞→NHKマイルCというローテーションで活躍してもらいたいものですね。
ぜひともPOGの有力馬と激突、撃破する姿を見てみたいです。
なお、管理する中川氏は今年は重賞初勝利を決め、有馬記念を制すなどの活躍がありました。
本馬もこの勢いに乗ってくれると・・・期待しています。

そんなこんなで、2015年の一口ライフとしては、8戦3勝(3-1-0-1-0-3)という成績でした。
来年こそ飛躍の年としたいと思います。

今年1年お世話になった皆さま、ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

皆様に(自分にも)幸福が訪れますように・・・(願)

キャロットドラフト終了

さてさて、昨日でドラフトが終わりました。

その後、DVDを穴が開くほど見た結果、マイティースルー、リリサイドに浮気しそうになりましたが、結局最終的に以下の馬体(ケツ)にノックアウトでした。

データ14

最優先では確定かな?

ご一緒の方、よろしくお願いいたします。


※ここの馬体画像は、キャロットクラブの許可を得て転載しております。

キャロット2015ドラフト

さて、お久しぶりの更新です。

最近、忙しさにかまけていたら、気が付いたらキャロットのドラフトの時期に来ていました。
しかも明後日で締切とか(苦笑)
とりあえず、気になったところを挙げていこうと思います。

・・・と、その前に、今年のキャロットの募集馬に対する全体的な感想を。
今年は、はっきり言ってしまえば、自分の好みにドストライクという馬はいませんでいた。
まあ、毎年のことでしょうが、今年はあまり特大ホームランになりそうな馬が見つからない状態です。
14産キャロット全体のレベルはあまり高くないような・・・でも、この中に重賞、G1を勝てる馬がいる可能性が高いのも事実であると思っています。
自分の目の未熟さに・・・ちょっと悔しくなってきます。

まあ、前置きはこのくらいにして、ドラフトに参加するならここかな?と思った気になる馬を3頭ほど挙げたいと思います。

まずは1頭目。
フラニーフロイドの14(7,000万円)です。

フラニーフロイド14

今年のキャロットの募集場の中で一番気になったのがこの馬です。
ただ、2月1日生まれの牡馬にしてはサイズがやや小さい(436㎏)のと、厩舎がどの程度の技術を持っているのか未知数である、価格が高いという3点が気になります。おそらくレースには440㎏台後半から大きくなっても470㎏台がいいところのような気がします。個人的には、牡馬のホームラン級は490㎏~510㎏位のレンジであると思っていますので・・・
巷で言われている左前の弓脚については、自分的には十分許容範囲内(むしろこれで人気がないのであれば儲けもの)であると思っておりますが、気になる点と価格を見るとどうしても手が出しづらいのも事実です。
とはいえ、今年の募集馬の中では最上に近い部類であると思いますので、重賞を勝ちたければ、おそらくこの馬に行くことになるでしょう。価格の件もあり、最優先であれば×なしでも行けそうな感じもしますしね。


次に、データの14(3,600万円)です。

データ14

このトモ・・・モロにストライクです(笑)
写真を見た時に一目で惚れました・・・写真を見た第一印象では、紹介コメント文のように、再来年のクラシック戦線に名を連ね・・・られる気がしました。
でもDVDを見ると、背中の硬さが気になるんですよね・・・
厩舎はダービートレーナーの矢作先生で、とっても良い感じなんですが・・・
でも、3月19日生まれでこのサイズ(478㎏で管囲22㎝)だと、競馬に行くときには520㎏~540㎏位になるのではないか?と予想しています。個人的には管囲は太すぎると鈍足という先入観を持っていますので、この測尺にはちょっと不満が残ります。
でも、このトモにはヨダレが出てしまいますね(ジュル…)
そんなこんなで、迷いどころです。


最後に、ウエストコーストの14(1,800万円)です。

ウエストコースト14

今年の比較的リーズナブルな価格設定の馬の中では、自分的には一枚抜けている感じがしています。
ダノンシャンティの未知数なところ、厩舎もよくわからないところ、もう少し成長を見ていきたい気がするところなど、気になる点はありますが、なかなか面白いのではないかと思っています。
サイズも3月22日生まれで453㎏、管囲20.4㎝と、ストライクゾーンに入っている感じですね。
競馬では480㎏~500㎏位で使えるのではないでしょうか?


こうしてみると、初期の頃と比べてだいぶ馬体の好みが変わってきたような気がします。
これが成長であることを願います。

この中に当たりはいるのか?
どの程度の成長を遂げてくるのか?
各馬の人気の度合いはどうなるのか?
今後の展開が楽しみです。


※ここの画像は、キャロットクラブの許可を得て転載しております。
また、ここのコメントはあくまでも一個人の主観に基づくものであり、出資判断は自己責任でお願いします。

キャロットの募集馬選考

募集馬選考も4年目になりました。

いやぁ、この4年で募集馬の見方がガラッと変わりましたね。

過去絶賛していた馬も、今の自分の選考基準と照らし合わせると、あれ?って思う事がほとんどです。

実際の成績を見ても、結果がいろいろ示してくれていますしね。

そんな気持ちの中、(動画はまだ見てませんが)今年の選考が終わりました。

ぶっちゃけ2頭にまで半ば無理やり絞った感じですが(笑)

その2頭は・・・



2013募集時アディクティド

2013募集時ディアデラ


この2頭です(* ̄∇ ̄)ノ

上がアディクティド、下がディアデラノビアです(* ̄∇ ̄)ノ

アディクティドは測尺も馬体も文句なし。

なんとなく2歳戦中盤からデビューして活躍してくれそうです。


ディアデラはハービンジャーらしく?骨太で大きめに出ていますが、こちらもある程度早い時期から行けるんではないか?と思っています。

今回からは新選考基準で馬体を見ましたが、この基準に照らし合わせると、きょうだいの中で唯一選考に残る=高い確率で走りそうに感じる馬体です(* ̄∇ ̄)ノ

なぜか絶賛した10産も今の基準だと、即落選という・・・(苦笑)

それだけ見る目が(良い方に?)変わったと思うことにしています(笑)


ちなみに、次点としては、メジロルルド、トップライナーIIなどです。


実は今年は残念ながらプライベートでいろいろ問題があり、資金が全く無い状況(むしろマイナス)ですので、余程の事がない限り出資見送りが決定していますので、ほとんど自分の相馬に対する勉強としてしか選考の意味はないんですが(泣)

まぁ、今年の選考結果にはある程度の自信を持っていますので、来年のPOGでの指名候補にでもしようかな・・・

最後シメっぽくなってしまってスミマセンが、今後ともどうぞよろしくお願い致します(* ̄∇ ̄)ノ


※ここの馬体写真は、キャロットクラブの許可を得て転載しております。

キャロットのカタログ到着♪

いよいよ我が家にもキャロットのカタログが到着しました!

まずは、なかなか爽やかな表紙に乾杯です(* ̄∇ ̄)ノ

さらっと見た感じの印象では、まず関東にはドキッとする馬はおらず、関西ではシェリールとシーザリオに乾杯って感じですかね(笑)

またじっくりDVDなども見ながら楽しませていただきます♪

2013 CARROT CLUB PREMIUM PARTY

昨日は、2013 CARROT CLUB PREMIUM PARTYが開催され、ザ・プリンスパークタワー東京のコンベンションホールまで行ってきました。

今回は一人での参加ということで、いろいろ食べて飲んでお話を聞いて、握手して写真撮って、意外とミーハーだった自分に少し驚きながら楽しんできました。

蛯名騎手や福原アナウンサーとツーショットで記念写真を撮りつつ、堀調教師とはピエリーナのデビューについて、久保田調教師とはシュペトレーゼの使い方についてのお話を、また田島調教師へはドルフィンハートのお礼を、後藤騎手には復帰を心待ちにしていることを言うことができました。

内容としては、ピエリーナの入厩、新馬戦出走時期、シュペトレーゼのダート戦や短距離戦使用に対する質問に答えていただき、有意義な時間を過ごせました。

特に久保田調教師とこのブログの読者の方には、先日の不躾な不満タラタラで、不快に感じられるブログ内容に関して、この場を借りてお詫び申し上げます。

お話を聞いていて、いろいろな点がいろいろな具合に理解(&察する事が)できました。

今回は残念ながら、会場でお仲間さんたちにお会いすることは叶いませんでしたが、次回もまた参加したいと思います。

ちなみに今年のお土産は、キャロットクラブの勝負服焼き印入りの紅白饅頭(文明堂東京製)でした。

今回はお話を伺った皆様全員と握手させていただきましたが、皆様ご対応いただきまして、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

関係者の方々とはいずれ、ウィナーズサークルで再会(?)させていただきたいですね。

今年こそぜひ、人生初の口取りを果たしたいと思います。
プロフィール

こ~んちゃ

Author:こ~んちゃ
9月でキャロットクラブ7年生になりました♪
この度シルクホースクラブに入会しました♪

よろしければ、どうぞお気軽にコメントくださいね。

キャロットクラブ ~CARROTCLUB ~


Powered by 一口馬主DB

☆現役出資馬
【4歳】
◇アップクォーク(フェルミオンの13)(6)

【3歳】
◇オプティマイズ(データの14)(6)

【2歳】
◇サザンスパークル(ジンジャーパンチの15)(6)
□マグナレガーロ(リビアーモの15)(5)
□アーデルハイトの15(5)

★引退出資馬
◆フルールドシュクル (シュガークラフトの09)(12)
◆リードホイッスル(ペニーホイッスルの09) (2:命名馬)
◆フェアリーライン (サザンフェアリーの09)(4)
◆バーバリーコースト(クリスタルコーストの09) (2)
◆カドリーユ(ダンスザクラシックスの10) (4)
◆ドルフィンハート(デルフィーネの09) (1)
◆シュペトレーゼ(ショアーの10)(6)
◆ミナスジェライス(キッズトゥデイの11)(4)
◆ピエリーナ(バイラリーナの11)(4)
●レッドフォース(マイノチカラの11)(6)

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。