僕と競馬と一口ライフ

キャロットクラブでの一口馬主ライフや競馬ライフを綴っていきます。

ポチッとな(´ω`)

皆さんこんばんは、お久しぶりです。
こーんちゃです。

今年の2歳馬2頭は過去最高の活躍を期待できる馬として出資しましたが、順調さを欠いて欠いて・・・(汗)

そんな時期にシルクの追加募集です。

タイトルから察していただいているかと思いますが、ついつい浮気心が出てきてポチッてしまいました。

仕方がないんです・・・

寂しかったんです・・・

アップ君もちょっと順調さを欠き、ウインバリアシオンに似ていると期待させるだけさせてきたオプ君に至っては・・・余りにもひどいありさま。

そりゃぁね、期待馬が調教師にも相手にされず、転厩という形で捨てられれば浮気心も芽生えますわ(>_<)

・・・と、一通り言い訳をしましたので、早速紹介しましょうか。

浮気相手は・・・アーデルハイトの15(メス)です(´ω`)

アーデルハイト15募集時(17.4)

成長の遅さから1度は通常の秋の募集予定から取り消されたとのことですが、育成の順調さ故に今回募集されたとのこと。

動画の坂路の動きは素軽く、ウォーキングでは背中を上手に使っています。

繋ぎは立ち気味で、管囲は細め、しかも母父はあのポキ・・・じゃなくてタキオンで、姉妹が揃って故障するというある意味曰く付きの血統ですが、背中の柔らかさと体重が若干軽めなことから問題ないと思います。

また、管囲が細いと言っても、管囲はある程度細くないと鈍足になりやすいという個人的な先入観を持ってますので、気にするどころかむしろ歓迎してます。

父の血統構成からは余り早熟な印象はないですが、坂路の動きから早期デビューを期待しています。

本命のマグナやサザンが活躍を始めるまでの、速攻系で1~2勝できそうな馬、つまり2歳戦で楽しめそうな馬という位置付けでついついポチッといきました。

まさかこのデキで1300口オーバーの抽選会になろうとは思ってもいませんでしたが、無事出資できたみたいです。

ちなみに厩舎はあのマナブ学苑・・・

マナブ先生もどうやら「重賞は厳しいと思うけど必ず2勝はさせます!」と意気込んでいるようですので、ぜひ2歳戦で楽しませてもらえるよう、期待したいと思います(´ω`)

ご一緒の方、宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

キャンセル募集!~結果

皆さまおはようございます、こーんちゃです。

さて、今回のキャロット、シルクのキャンセル募集が終了しました。

結局シルクはお祭りへ参加する気分で、1頭申し込みました。

個人的には今年のシルクはリビアーモ、サマーハ、プチノワールの三羽烏かな~と思っていたので、この辺りに参加しようと。

私の主観たっぷりの考えでは、
リビアーモ15は今年のシルクの1番馬
サマーハ15は兄弟姉妹の中の1番馬
プチノワールは今年のシルクの2番馬
となっており、これはドラフトの時から変わっておりません。

ということもあり、サマーハの15に1口行きましたが、3/748というあり得ない抽選倍率であえなく撃沈しました。

みんな分かってるなぁ・・・

一方キャロットの方は、最初に公言していたとおり、ジンジャーパンチの15が残っていなかったので、フェルミオンの15に募集枠一杯の4口いきました。

こちらも当然のように撃沈!

・・・まぁ、大体わかっていましたがね。

これでまた、日常にもどり、愛馬の応援をしたいと思います。

ちなみにシルクの3頭は来年度のPOGでも上位指名しようと思っています。

今回は撃沈しましたが、名前を挙げた馬たちは今後も注目していこうと思います。

キャンセル募集!~その2

皆さまこんにちは、こーんちゃです。

色々と迷っていたキャロット、シルクのキャンセル募集ですが、わりとあっさり決まりました!

まずは締め切りが迫っているシルクですが、ほぼ取れない、でも取れたら楽しめそうという事で、サマーハの15に一口行きました。

こちらは間違いなく兄弟姉妹では1番のデキだと思ってます。
厩舎がちょっとアレですが、だからこその一口とも言えるでしょうw

んで、キャロットの方はキャンセル番号持ちの方次第ですが、残っていればジンジャーに一口上乗せとフェルミオン4口(残り全部)にいく予定です(´ω`)

まぁ、いずれにしても狭き門ですが、結果を楽しみに待ちたいと思います。

ご一緒できたら宜しくお願いしますね(^^)

キャンセル募集!~その1

さぁ、今年もキャンセル募集がやってきました!

こんにちは、こーんちゃです。

・・・と、いうわけで今年もやってきました、キャンセル募集。

今年はキャロット、シルク共に応募権がありますので、とりあえず色々見回してみました。

その結果、応募候補は以下の・・・と、その前に、今年のドラフトを振り返ってみましょう。

まずはキャロットから。
ジンジャーパンチ、マルティンスターク、フェルミオン、スプリングシーズンII、カドリーユ、ヒルダズパッション、アヴェンチュラ、ブルーメンブラッド、ヴァイスハイト、ピューリティー、ディミータの11頭まで絞った後に牡馬に絞り、測尺で絞っていました。

シルクでは、サマーハ、プチノワールの2頭に絞った後にリビアーモが別格に見えたところでした。

結局ヒルダズパッションの大抽選会に参加表明をして、翌年のバツ1優先チケットをもらってジンジャーパンチに行ったキャロットと、新規入会パワーで頂いたリビアーモへ行ったシルクの2頭への出資で終わりました。

・・・んで、キャンセル募集ですが、ジンジャーパンチの不甲斐なさから、リビアーモがいたら行こうと思っていましたけど流石にいなかったですね。

でもジンジャーパンチは順調さを欠いているので、あまり追加したくないんだよなぁ・・・

かといって新規の馬に一口だけいくのも投資という側面からはちょっと・・・楽しむための追加出資としては良いのかもしれないですが・・・

・・・うーん、候補はほぼ絞れているものの決め手がないので、また次回へ続きます。

マナブ学苑

皆さんこんばんは。

開け2歳の愛馬達がちょっとヤバイ感じですね。

サザンスパークルはなんだか調教できてないみたいだし、期待のシルク1番馬のマグナレガーロは後肢をやられて・・・

こんなんで大丈夫なんでしょうかね・・・(ーдー)=3

そんなわけで心がやられているわけですが、そんなおり、特に悪いところがアナウンスされないにも関わらずデビューが遅れていたオプティマイズが・・・なんと、矢作厩舎を追い出されてしまいました。

新しい先生は・・・池添学先生です。

転厩が決まったらあっという間に入厩、ゲート試験合格、デビュー戦まで予定が決まってしまいました。

まさに怒濤のなんとか学苑といったところでしょうか。

今週のダート千八から投票するということですが、恐らくここでは除外の予定&本命は来週の芝千八の未勝利戦ではないかとにらんでいます。

いずれにせよ抽選通ったら通ったで未経験馬ばかりのレース、この馬への期待の度合いからは負けられませんね。

来週末はアップクォークも出走を予定しており、楽しみが一気に広がってきました。

POGも順調で、しばらく楽しい週末になりそうです。

皆さまも競馬場でお会いしたときは宜しくお願いしますね♪

お久しぶりの愛馬出走!

皆さまこんばんは、こーんちゃです。


久しぶりの更新になりますが、愛馬の出走も久しぶりになります(^_^;)


明日、京都10Rで愛馬アップクォークが久しぶりに、そしてはじめての準オープンクラスに出走する・・・ハズです(^_^;;)


・・・と、いうのも雪が・・・雪がぁ・・・


という訳で・・・開催するよな?・・・という状況です。


しかし、今回は道悪ですが、大外枠・・・といっても12頭立てですのでスタートに課題のある本馬にとってはまさに絶好枠の枠順となったわけです。

コレで道悪だから・・・輸送が・・・という言い訳はいらないでしょう(^^)


人気薄になるならば複勝を腰が抜けるほど買いましょう!

一桁人気であれば単勝をガッツリ買いましょう!

一番人気になるならば・・・ちょっと控えます(笑)


なんにせよ、明日は宜しくお願いします。

共に美酒を飲みましょう(´ω`)


ではまたレースの後にでも(-_-)/~~~

2017年、あけ馬しておめでとうございます。

2017年、新年あけ馬した。
今年もよろしくお願いします。

毎年恒例の1歳が2歳に、2歳が3歳に、3歳が4歳になる時がきました。

当り前のようで、大事な事。

1歳で募集された馬がレースに出られる年を迎え、2歳だった馬がクラシック戦線に、3歳だった馬が本格化と飛躍の時期を迎えます。

そして昨年の負けの記録も一旦リセットされて、ゼロに戻る大切な日です(´・ω・`)

通算の負け分はリセットされませんがね( ̄ー ̄;)


・・・という感じでどこかで見たようなノリとご挨拶から始まりましたが、その時に戻ったように、昨年の振り返りと今年の目標設定からまいりましょう。


まずは昨年の振り返りですが、一口馬主以外にも人生を変えるイベントもあり、激動と飛躍の一年でした。

昨年は2月から愛馬のレースが始まりました。
2月はアップクォークの未勝利勝ちから始まり、ピエリーナの500万下の勝利と、いきなりの2連勝から始まりました。

5月にはアップクォークが500万下の早苗賞を勝ち上がると、7月には一口馬主歴初の重賞出走へ。
しかも3番人気に押されての出走です。
毎年1回の福島遠征がラジオNIKKEI賞の日であり、自身初の重賞出走がこの日となることに何か運命じみたものを感じました。
結果は4着でしたがいい思い出になるとともに、新たな決心を固めた一日でした。
「福島競馬場よ!私は帰ってきた!!」と言えるようになろう・・・と。

その後、8月にはピエリーナの事実上の引退レースとなった1000万下のTVQ杯があり、結果は15着でしたが、ゆっくり休んで良いお母さんになってもらいたいと思いました。

10月には人生を変える、転職イベントがあり、新たな地へと飛び立ちました。

そして11月にはアップクォークの1000万下に神様、ムーア様が降臨し、今までのレースが何だったんだと言わんばかりの先行策からの圧勝がありました。

POGの方も好調でした。
仲間内5人の勝負では堂々の1位折り返し。
日刊競馬のPOG大会では、総合ランキング6位での折り返し(こちらは中間順位賞get)と、絶好調です。
・・・これも一口馬主で相馬眼が少しずつ鍛えられてきた賜物と思っております。

2016年の成績は7戦4勝、4着2回、着外1回、転職1回、POG好調と、一口馬主始めて以来の好成績&重賞出走という大きな飛躍の一年でしたので、今年以降につなげていこうと思います。
もちろん私の年度代表馬はアップクォーク号です。

・・・というわけで次は今年の目標です。

今年の目標ヽ( ̄▽ ̄)ノ
①今年は地方、中央問わず5勝以上!
②重賞勝利!
③G1出走!(まずは出るところから)
④口取りに1回以上参加!(昨年は結局一度も口取りできませんでした)
⑤POG大会で上位入賞!

・・・とまあ、こんなところですかね。
現役馬は明け4歳にアップクォーク、明け3歳にオプティマイズ、明け2歳にジンジャーパンチの15とリビアーモの15という4頭の布陣となりますので、どこまで達成できるかはわかりませんが、やはり目標は高く、夢はもっと高くという昔からの自分のモットーを大切に、頑張って応援していきたいと思います。

鶏は空を飛べませんが、さらなる飛躍の一年となりますように( ´ ▽ ` )

競馬場でお会いできた時はまた、よろしくお願い致します。

神・・・降臨!!

皆さまこんばんは。

今日は東京競馬場に我が愛馬、アップクォークの応援に行ってきました。
久々の土曜日参戦でしたが、意外とすいているものですね。
それなりに座って観戦できました。

いやぁ、それにしてもムーア様はすごいの一言です。
まさに神様といったところでしょうかw
あれだけ悪さをする馬をビシッと御してしまえる人はなかなかおりませんね。
しかも今回は初の先行策で折り合い、直線のコース取りも非の打ち所がありません。
抜け出した後も遊んでしまいそうなところをビシーッと走らせてくれ、外から迫るハナズレジェンドを抑えて快勝でした。
口取りには外れましたが、勝利のVサイン撮影に参加してきました。
残念ながら携帯のカメラが不調でムーア様サイン入りゼッケンとの個人撮影はできませんでしたが、集合写真には参加させてもらいました。
その時のクラブの方の話では、やはり悪さをする面では気が抜けない、力があるので上のクラスでもすぐに勝ち負けだろうが、その危うさには常に気を付けなければならず、今後も苦労していくだろうとのこと。
今回は少頭数でゲート内でそこまで待たされずに済んだこともあり、今後他頭数で待たされる競馬となった時にはどうなるか・・・また、今日はさすがはトップジョッキーですね・・・これだけのジョッキーが乗ってくれたことも今日の結果につながったのではないかとのこと。さらに、目指すところは距離適性からも天皇賞秋に出れたら良いですねというお話も他の方とクラブの方の会話の中で聞かせていただきました。
距離適性としては、やはり1800~2000くらいがベストではないかと思うがやってみなければ分からないということでした。
次走はあまり詰め込みすぎて許容範囲を超えないように気を使いながらタイミングを見て決めていくが、できれば年内にもう1戦考えたいと厩舎サイドと話しているとのことで、やはり様子を見ながら臨機応変に年明けまで伸ばすかを考えていくことになるだろうとのことでした。
これからがますます楽しみになってきましたね。
来年はぜひ目標の天皇賞秋を目指して無事に1戦1戦を戦っていければと思います。

以下、本日の更新です。

11/12  中川厩舎
12日の東京競馬ではまずまずのスタートを切り先団につける。手応え良く直線へ向かい満を持して追い出すと並ばれることなくそのまま押し切り優勝。「厩舎から馬のタイプを聞いていましたが、やはりちょっと気難しいところがあるように感じました。レースへ行ってしまえば大きな問題はないもののゲート裏でキョロキョロし、集中していないようなところを見せ出していました。今日はスタートからあの位置を取れましたし、レースを終えてもこのような形が好ましいと思えました。ただ、あまり早めに先頭に立つとまた難しさを見せそうなので、今後も注意する必要はありそうですね」(ムーア騎手)「おめでとうございました。今日はとにもかくにもゲートと思っていたので、とりあえずスタートを普通に出てくれてホッとしました。力があり、ここでは上ということもわかってはいましたから、前回で見せたことをしっかり克服できるかが大きなポイントでした。賢い馬ではあるのでしっかり教えられたことを吸収して、間が空いてもこなしてくれたのですから良かったです。今回、スケジュールとしては結構タイトだったと思うので、このあとは慌てないで考えていきたいですね。ありがとうございました」(中川師)前走はゲートで課題を見せてしまい、スムーズな形で競馬をできず終わってしまいました。 そのことからゲート縛りで馬に理解を求めて取り組んできた結果、今回は無事にスタートをこなすことができ、2番手につけてそのまま押し切るという、終わってみれば横綱競馬で2着馬以下を寄せ付けませんでした。しかし、今回も難しさが顔を出していたようなので今後も注意しながら接していかなければいけないでしょう。精神的にも結構厳しい形で競馬まで来ましたから、様子を見てからですけれど今のところはひと息入れて、それから次のことを考えていく予定です。


※ここの更新コメントはキャロットクラブの許可を得て転載しております。

シルク入会!!

こんばんは!
・・・というわけで本日、シルクホースクラブに入会が決まりました。


出資馬は・・・キャロットのドラフトが終わり、シルクのカタログ、動画を見ていたらピーンときた馬です。

・・・そう、リビアーモの15です。


今日は、そろそろ抽選結果のお手紙が届いているかなぁとドキドキしながら帰宅したところ・・・ありました( ̄▽ ̄)

ポストの中にありました(^^♪

落選の予感は結構ありましたが、本当に抽選通るとは( ´艸`)

これでこの世代、クラシックでも戦えます。

今年は再来年のクラシックを目指すために、募集金額を気にせずに選んだ中の最強のカードだったヒルダズパッション15が取れなかったものの、キャロットのこの世代で2番手評価をしたジンジャーパンチ15が取れ、さらに今年のシルクの1番手評価をした本馬が取れたというのは・・・素直にうれしいですね。

しかも、実績ボーダー298万円、倍率約7倍(最終獲得票数1727口で第2位)の抽選を新規(実績ゼロ)で通過できたのはありがたいものです。

これで再来年のクラシックを戦うカードがそろいました。

ご一緒の方、よろしくお願いいたしますね。
・・・新規当選ですみません。

そう言えば先月参加した一口必勝ミーティング2016で貰った参加証明書、同封して新規申込をすると何か貰えるみたいなんだけど、一体何が貰えるのだろう・・・ちょっぴり楽しみです。

おつかれさまでした。

◆ピエリーナ
10/7  引退
「脚元に疲れが見られた直後にペースを落として少し楽をさせていたのですが、そのときは小康状態を保っていました。様子を見ながら坂路を使いつつ乗り出していくと再び不安定になり、再確認したところ右前脚の球節に負担がかかりやすくなっていて、特に種子骨靭帯部分に傷みが見られます。一過性のものというよりも調教とレースを重ねている間に少しずつダメージが蓄積されていたのかもしれません。時間を十分にかければいくらか楽になる可能性もありますが、引退までの期間を考えると良い状態でレースへ向かえるようになるのは難しいのかもしれません。レースへ向けて再び送り出したかったのですが申し訳ございません」(NFしがらき担当者)「夏の小倉開催後はしがらきでケアをしつつ調整を進めてもらっていました。今度は出馬状況と馬の状態を照らし合わせつつですが、できるだけ間を空けないでレースへ向かっていきたいと考えていましたので、9月中の入厩を検討していて、先々週、先週あたりの入厩で調整していました。最終的に状態面の確認を取ろうと思っていたところ、獣医師から脚元に少しムクミがあり疲れが見られるという連絡を受けたためしばらく経過を見てもらっていたのですが、種子骨靭帯部分に傷みが蓄積されているということでした。時間をかければ何とか対応できる可能性もあるかもしれませんが、来年3月で引退となる牝馬です。ここまで長い間頑張ってくれた馬ですから最後の最後で痛い思いをさせるのは避けたいという思いもありましたし、もし繁殖としての仕事があるのであれば尚更、無理はさせたくないという気持ちでいました。その結果、その方向で検討いただけるということで、クラブ、牧場と相談をした結果、ここで引退するという話になりました。これまでのことを振り返りますと、体質的な弱さがあり、思うように使い込めませんでした。特に昨年は秋から冬にかけてトモの不安から半年ほどお休みをいただくことになりましたし、会員の皆さんにはご理解いただきお待ちいただいていたことも頭の中にありました。そのような中で小倉で結果を出せた時はホッとしていました。再び体調が整うまでに少しお休みの時間をいただくことになり、復帰のタイミングの兼ね合い、そして滞在競馬という形もうまくフィットし小倉を狙いましたが、小倉だけを使うと考えていたわけではありませんでした。確かに滞在はいいと思えましたけれど中央場所で走る姿もお見せできればと思い、今回は東京を含めた秋競馬も考えていたのですが、このような結果になってしまい誠に申し訳なく思います。そして、長い間頑張ってくれた馬にも、見守ってくださった皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」(堀師)3歳時は芝も走っていましたがダートへ転向してから走りに良さが見られ、未勝利戦を勝ち上がることはできませんでしたが地方からの再出発で見事連戦連勝を飾り中央競馬へ復帰してくれました。帰ってきてクラス再編成直前の復帰初戦では鮮やかに勝ち星を挙げ、戻ってきたことを改めて喜べた一戦でした。その後は北海道での戦いに挑みましたが苦しさもあってかその後は低迷期に入り、体質の弱さも噴き出してしまい思うように使い込むことができずにいました。その中でも小倉競馬場で決めた通算5勝目は強さの際立つ競馬を見せてくれましたが、引退までの間に6勝目を目指そうとした中で脚部不安を発症し、引退まであと5ヶ月の間に満足いく状態で復帰することができるかどうか微妙な状況であったため、今後について堀宣行調教師と協議を行った結果、将来のことも踏まえてここで判断し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。長い間ご声援いただき誠にありがとうございました。

【募集時】
バイラリーナの11募集時

出会いはカタログのきれいな馬体に一目ぼれしたところから始まりました。
デビューから芝で苦労を重ね、限定未勝利でダートに初挑戦し、適性を示しましたね。
格上挑戦では見せ場のある敗北を喫しましたが、地方で当たり前のように3連勝してすぐに戻ってきましたね。
中央の復帰戦まで時間を要しましたが、復帰戦では非常に強い勝ち方で500万下を楽勝しましたね。
そのあとも頑張ってここまで来ましたが、来年の3月までもう少しだったのに・・・

無事繁殖に上がれるとのことですので、元気な仔馬を産んでください。
キャロットで募集されたらたぶん応募するのではないかと思います。

お元気で・・・お疲れさまでした。


※ここの更新コメント、及び写真はキャロットクラブの許可を得て転載しております。
プロフィール

こ~んちゃ

Author:こ~んちゃ
9月でキャロットクラブ7年生になりました♪
この度シルクホースクラブに入会しました♪

よろしければ、どうぞお気軽にコメントくださいね。

キャロットクラブ ~CARROTCLUB ~


Powered by 一口馬主DB

☆現役出資馬
【4歳】
◇アップクォーク(フェルミオンの13)(6)

【3歳】
◇オプティマイズ(データの14)(6)

【2歳】
◇サザンスパークル(ジンジャーパンチの15)(6)
□マグナレガーロ(リビアーモの15)(5)
□アーデルハイトの15(5)

★引退出資馬
◆フルールドシュクル (シュガークラフトの09)(12)
◆リードホイッスル(ペニーホイッスルの09) (2:命名馬)
◆フェアリーライン (サザンフェアリーの09)(4)
◆バーバリーコースト(クリスタルコーストの09) (2)
◆カドリーユ(ダンスザクラシックスの10) (4)
◆ドルフィンハート(デルフィーネの09) (1)
◆シュペトレーゼ(ショアーの10)(6)
◆ミナスジェライス(キッズトゥデイの11)(4)
◆ピエリーナ(バイラリーナの11)(4)
●レッドフォース(マイノチカラの11)(6)

最新トラックバック